鹿児島市-エコロン-給排水衛生、空調、浄化槽、排水処理施設工事・省エネ塗装、省エネガラス塗装、防汚コート、一般塗装、防水・災害用品取扱いなど水と空気の環境創造企業

平成24年 創業40周年 株式会社エコロン

鹿児島市吉野町11076-17
株式会社エコロン

定期的な塗装のメリット


塗り替えは、見た目だけの問題と思っていませんか。塗り替えは見た目だけではなく建物を長持ちさせる重要な役割を持っています。そのメリットを知って、よい家、建物にに長く住みましょう!

定期的に塗り替えることのメリット

メリット1 建物の寿命を延ばす

本来、外壁や屋根の塗装は、雨風・太陽光・熱・排気ガスなどから建物を守るためにあります。
塗装は年月の経過とともに必ず劣化します。塗装がはげてきたり、ひび割れがおきたり、変色したり。こういった状態を放置してしまうと、建物自体のひび割れから水がしみ込み、腐食が進み、ひいては建物がグラグラするなどの悪影響を及ぼします。

塗り替えを行うことで、建物に新たな膜を作り、建物の寿命を伸ばすことができます。幾層にも塗り重ねることで、補強効果も期待できます。
また、塗り替えの際に防カビ剤入りの塗料やひび割れの再発を防ぐ塗料、汚れに強い塗料などを選ぶことで、より強い建物の実現が可能となります。

メリット2 美しさを保つ

塗り替えによって、外観は劇的に変わります。外壁塗装で住まいを「明るく」または「落ち着いた」感じなど、イメージチェンジをすることができ、資産価値の維持にもつながります。

メリット3 エコ面でも大活躍

断熱・遮熱などの塗装を施すことにより、室温が外気に影響されにくくなります。冷・暖房費を押さえ、節電にも効果的です。弊社では遮熱、断熱に大きな効果を発揮する断熱・遮熱塗装を推奨しています。

メリット4 健康な暮らしの実現

揮発性有害物質を使用しない珪藻土を用いた内壁塗装を施すことで、シックハウス対策になります。お子様にも安心の我が家が実現できます。

メリット5 長期的な視点でお得

定期的に診断・塗り替えを行い劣化を最小限に抑えることで、塗り替えの費用はトータルでコストダウンが可能となり結局お得という結果になります。老朽化が進むと工事ができない場合もあります。

塗り替えのサイン

みなさんは、外壁や屋根等の塗り替えの時期についてどのようにお考えでしょうか?

・外壁が汚れてきたとき。
・雨漏りがしたとき。
・外壁にひび割れ、目地に隙間が出てきたとき。

など目に見える兆候も有りますが、その他にも、塗り替えのサインは、いろいろ有ります。下記に外壁・屋根・その他の代表的な塗り替えのサインを記します。ご参考になさってください。

【外壁】

チョーキング

塗装が紫外線などで、劣化していくと、塗料が変質し堅くなります。
その際、塗料の材質同士の結合が出来なくなり、粉状に表面に残る現象です。

ひび割れ

家が老朽化していくと、建築当時の形から変形していきます。
変形の原因は、構造体である木が時間によって変形する事が多くの原因です。
(地盤の沈下などの原因の場合もあります) 変形の大きさは、さほどではありませんが、外壁がモルタルなどの場合、引っ張られる部分にひび割れが生じます。

シーリングの劣化

シーリングとは、壁に有る目地の防水に使われているものです。
シーリングも、塗装のチョーキング同様に紫外線などで劣化(変質)し、堅くなっていきひび割れ等生じます。
すると、防水の機能が落ちたり、目地から剥がれ壁から浸水しカビの発生やその下の層を傷めるなどの原因になります。

剥がれ

ひび割れが進むと、周りと切り離された部分が、それ自体の重さで剥がれてくることがあります。
剥がれが生じると、ひび割れ以上に水が染み込みますので、より早急な対応が必要です。

色あせ

色あせは日々少しづつ変わっていくので、気づきにくい事が多いです。
色あせだけでしたら、問題有りませんがたいていの場合、劣化により水が外壁の下の層へしみ込み易くなっています。

【屋根】

屋根は、塗装が必要な屋根と、必要でない屋根があります。必要ない物は、艶のある瓦などです。それ以外の、トタン屋根、コロニアル瓦などは、定期的な塗り替えが必要です。

トタンなど鉄製の塗装の場合、鉄部を保護している塗装の劣化により、水がしみ込み鉄部の劣化を招き雨漏りの原因になります。

色あせ

トタン屋根、コロニアル瓦、スレート瓦などは、塗装が痛むと水を通し易くなり雨漏りの原因になります。
瓦の傷みが原因の場合、全体的に屋根の下地の痛みが広がっている場合があるので、 全体的な屋根の下地から、改修が必要な場合も考慮してください。

コケ・藻

コケ・藻が生えるということは、コケなどが生えるに十分な水分が瓦に染みている事になり、染みた水分が乾きにくい状態なっています。
瓦に染みた水分は、下地にも影響を及ぼしますので、早急な対応が必要になります。

【その他】

鉄部の錆

鉄は錆が発生すると、加速度的に錆が広がってきますので、錆を発見したら、早急な対策が必要です。

木部の劣化

主に破風など、外壁に使用されている、木部はもっとも傷みが激しい部分です。屋根裏は通気を保つように、出来ています。
そのため、破風は外部からの傷みだけでなく、内部からも痛んできますので、傷みの早さは、屋根/外壁と比べても一番速いです。

これからも末永く今のお宅にお住まいになるために!!

一般的に住宅の建て替えは築後30年前後が多いようです。ただ、外壁や屋根が痛んでいるのにそのままにしておくと、30年間保たないかもしれません。
しかし、塗り替えにかかる費用は、決して安いとは言い切れません。
たとえば、新築後30年で立て替えとした場合、2回塗り替えるとしたら10年ごと、3回塗り替えるとしたら7.5年毎の塗り替えが必要な計算になります。
お客様ご自身の塗り替え計画、それに基づいた塗料の耐用年数を考える必要があります。

塗装のことに関してのご相談などお気軽にこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ フリーダイヤル 0120-272-158 FAX:099-243-3702
メールによるお問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • 採用情報
  • 塗装・防水事業部のブログ
  • 危ない!紫外線の恐怖
  • リンク集
  • お問い合わせ
  • 当社はecoビジネス倶楽部が認定するマイスター資格者取得企業です。
  • 給排水衛生工事、空調工事、浄化槽工事、省エネ塗装(断熱、遮熱)、省エネガラス塗装、防汚コート、塗装工事、防水工事、災害用品取扱いなど水と空気の環境創造企業 株式会社エコロン
    創業昭和47年,創立昭和52年
    鹿児島市吉野町11076-17
    TEL:099-243-5400
    FAX:099-243-3702
    営業時間:AM8:00〜17:00
    定休:日曜・祝日、第2・4・5土曜日
    お問い合わせはこちらへ
  • 株式会社エコロン
    エコロンのホームページはリンクフリーです。リンクされる方はこのバナーをご使用下さい。