給排水衛生工事、空調工事、浄化槽工事、省エネ塗装(断熱、遮熱)、省エネガラス塗装、防汚コート、塗装工事、防水工事、災害用品取扱いなど水と空気の環境創造企業

平成24年 創業40周年 株式会社エコロン

鹿児島市吉野町11076-17
株式会社エコロン

災害時のトイレの実状

トイレはガマンできません!

あなたは想像したことがありますか?地震、台風、洪水などの大きな災害が起こったときどんな不自由な生活が待っているかを…

「避難所内の暑さ、寒さといったら表現できないほど辛い」
「仕切りがないためプライバシーが保たれない。家族で話も出来ない、ゆっくり眠れない」
「空腹を満たすことができない、先々不安だ」

こういった私たちがかねて経験したことの無い状況に置かれると強いストレスがかかり体調を崩してしまいます。そしてそれに加えて大きな問題が「トイレ」の問題なのです。

地震などの災害はいつ起こるか分からない誰もが想像できないことです。しかし、いずれ起こる災害への備えをすることで、イザというとき安心です。

これまでの災害で意外と見落とされがちだったのがトイレの対策。先ほどの東日本大震災、阪神・淡路大震災をはじめとする地震では、ライフラインの寸断で、例外なく被災地のトイレが不足するという事態が発生しています。人間が生きて行く上で、トイレは避けて通ることが出来ません。大震災に備えるためには、食品や水だけでなく、十分なトイレを用意することはとても重要と言えます。

あなたはこんなトイレ使用しますか?

汚物であふれたトイレ

故障して使えないトイレ

お年寄りには使いにくい段差がある

汲み取り待ち1ヶ月

過去の大震災でのトイレの状況

東日本大震災の場合
多数の被災者が避難所に集まってしまったため、すぐにトイレが汚れてしまいました。その結果、汚れたトイレの使用を控えた被災者がエコノミークラス症候群になったり、避難所に感染症が発生してしまうという事態の発生を招いてしまいました。

阪神・淡路大震災の場合
震災発生直後からライフラインが寸断されたため、断水によるトイレの異臭問題や、汚物の詰まりでほとんどのトイレが使用できない状態になりました。周辺地域では道路規制や渋滞などで仮設トイレの供給がはかどらず、被災者の多くは大変な避難生活を強いられました。

新潟中越地震の場合
避難所に設置された簡易トイレは、数が少なく30分以上待つこともしばしば。電気がなく夜は真っ暗なため、汚物が飛び散っているトイレもありました。臭いもきついし、お年寄りや子供たちにはとてもつらい状況でした。

ご存じですか?どれか一つでも不全になれば、トイレは使用できません!

日本の上水道の普及率97.5%※1(平成22年の全国平均)、下水道普及率73.7%※2(平成22年の全国平均)、政令都市平均では96.3%となっており、排泄物などの汚水も水で流せる衛生的な生活環境にあります。被災により建物の被害は少なくても、上下水道、電気などのライフライン停止により、(地域差はありますが)数日間~1ヶ月位は、水洗トイレの使用はかなり厳しい状況になると予想されます。

※1:厚生労働省健康局水道課「水道基本統計」
※2:社団法人 日本下水道協会

トイレを始めとする防災対策は自助、共助、公助

自 助
自分で自分の身を守ることが防災対策において基本であり、鉄則です。災害発生から72時間はどこからも援助が行われない可能性が高いので、個人での準備がとても重要です。

共 助
震災直後は消防や警察など公の支援を期待することは難しいのが実状です。公の支援が得られるまで、地域社会や所属団体のコミュニティで助けあうことが必要となります。

公 助
警察、消防、自治体等の行政機関の支援は災害発生から数日かかることが予測されます。被災者は公助が始まるまでの間、自助、共助で待つことが望ましいと考えられています。

経過した時系列により対策は変化

災害時におけるトイレ対策は状況と時系列により、大きく異なってきます。震災直後はライフラインが全面的に停止しているため、既存トイレを利用できる簡易トイレが大きな役割を果たします。公助が始まりだした段階からは、下水道を利用したマンホールトイレなどが非常に有効となってきます。

→災害対策用簡易トイレ-簡易トイレ(便袋)の特徴についてはこちら
→災害対策用簡易トイレ-マンホールトイレについてはこちら
→災害対策用簡易トイレ-商品一覧はこちら

お問い合わせ フリーダイヤル 0120-272-158 FAX:099-243-3702
メールによるお問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • 採用情報
  • 塗装・防水事業部のブログ
  • 危ない!紫外線の恐怖
  • リンク集
  • お問い合わせ
  • 当社はecoビジネス倶楽部が認定するマイスター資格者取得企業です。
  • 給排水衛生工事、空調工事、浄化槽工事、省エネ塗装(断熱、遮熱)、省エネガラス塗装、防汚コート、塗装工事、防水工事、災害用品取扱いなど水と空気の環境創造企業 株式会社エコロン
    創業昭和47年,創立昭和52年
    鹿児島市吉野町11076-17
    TEL:099-243-5400
    FAX:099-243-3702
    営業時間:AM8:00〜17:00
    定休:日曜・祝日、第2・4・5土曜日
    お問い合わせはこちらへ
  • 株式会社エコロン
    エコロンのホームページはリンクフリーです。リンクされる方はこのバナーをご使用下さい。