給排水衛生工事、空調工事、浄化槽工事、省エネ塗装(断熱、遮熱)、省エネガラス塗装、防汚コート、塗装工事、防水工事、災害用品取扱いなど水と空気の環境創造企業

平成24年 創業40周年 株式会社エコロン

鹿児島市吉野町11076-17
株式会社エコロン

お客様インタビュー①

断熱・遮熱塗装工事事例 株式会社寿精密鹿児島工場 様

今回は、超精密な金型、金型パーツ、自動機の設計・製作・組立を一貫生産している寿精密鹿児島工場の工場長小田和浩氏と、管理部総務課長 大江隆久氏に断熱工事施工のキッカケと成果について話を伺った。

株式会社寿精密の概要

―寿精密さんの業務内容を教えて下さい。

当社の本社は和歌山県にあります。1986年創業ですから今年で社歴25年になります。寿精密としては和歌山とこの鹿児島に工場があり、社員は総数150名ほどおります。また、関連会社としてタイと中国にも合弁企業があり、総数600名ほどの従業員がおります。鹿児島工場は1992年に操業を開始しましたのでかれこれ20年ほどになります。

当社の業務内容は、精密金型の設計製作、自動機設計製作、金型パーツ、精密プレス品の試作から量産までを行い、品質の確保、納期厳守、コスト競争渦にも応えられる体制を構築しております。半導体工場が当社の主な取引先になりますが、最近では海外への輸出が大きなウェイトを占めるようになってきました。

当社は、「お客様の不(不安、不満、不足等)を解消することに喜びを感じ、それを使命とする」を経営理念に掲げ社業にまい進しておりますが、これからも国内外を含め、お取引先からの信頼を得るべくさらに努力を重ねていきたいと思っております。

寿精密鹿児島工場

 

寿精密鹿児島工場オフィス

 

同社の高度な技術を結集した生産部品

台風時期は家に帰れない時も

総務課長の大江氏

―今回、断熱工事をしようと思われたキッカケは何だったのですか?

当鹿児島工場は平成4年の建築ですが、防水加工が施されておらずしかも築20年ということで外壁もかなり傷んできており、いつも台風の時期は壁からの浸水で困っておりました。私(大江総務課長)は、この建物の管理担当をしていることでいつも台風の時期は浸水が心配で会社に寝泊まりすることもしばしばだったんですよ。

それでそろそろ外壁の塗装をしなければと思っていた矢先、電気設備の保安管理をお願いしている方からエコロンさんという良い会社があるよと紹介していただきました。

当社は、もともと精密機器を扱っている関係からISO9000ならびに14001を取得し、会社の品質管理、環境整備には非常に神経を配ってきました。そうしたことからも省エネに関心があり、社内外に向けて省エネの提案を募っていた時期にエコロンさんを紹介された訳です。

紹介してくれたその保安管理会社も高圧受電設備(キュービクル)に断熱・遮熱塗装を施し、電気代の節約や耐久性アップにつながっていると話を聞いていましたので当社としてももっと詳しく話を聞いてみたいと思ったのがキッカケです。

―今回、どのような断熱工事をされたのですか?

屋根の断熱・遮熱塗装施工と窓の省エネガラスコート施工、それに壁には一般塗装の塗り替えをやってもらいました。

際立っていた熱心さに動かされた

工場長の小田氏

―エコロンにまかせてみようと思われた決め手は何だったのですか?

担当の山下さんがとにかく熱心だったですね。単なる外壁塗装でいいかと当初思っていたのですが、省エネも当社の大きなテーマでしたから断熱・遮熱塗装がいかに省エネに貢献してくれるかを様々な事例やデモンストレーションを通じて熱心に説明してくれました。しかも、当初は屋根と壁の塗装だけを考えていたのですが山下さんの熱心な提案に動かされ、結局窓のガラスコートの施工までお願いすることになりました。

当社もこのさつま町に立地している以上、地元の業者さんにも声を掛けなければと思い数社見積もりをお願いしました。しかし、その見積もりの段階からエコロンさんの熱心さは際立っていましたね。他社は「安くしますよ!」の一点張りで弊社がどういう目的でどういう課題を抱えているかには無頓着でしたね。その点エコロンさんは大局的な見方をされ、当社の職場環境を解決するための提案に一生懸命だったように思います。

また、最初は事務所だけを断熱施工しようと思っていたのですが、お話を聞いているうちに工場全体にも施工すれば省エネにつながるのではないかと考え全面的に施工していただきました。

―エコロン、および担当の第一印象はどんなものでしたか?

名前を聞いた瞬間とにかくしゃれた名前だなあというのが第一印象でした。それと担当の山下さんがものすごく背が高くて大きい人だなあと直感的に思いました。(これは仕事そのものとはまったく関係ありませんが(笑))

―エコロンの仕事ぶりはどうでしたか?

仕事が早い、丁寧、アフターがしっかりしている。この3つが特に印象に残っています。しかも見積もりには入っていなかった倉庫とキュービクルまでサービスでやってもらいました。これで本当にエコロンさんは利益が出たのでしょうか?今になって心配しています。(笑)

予想外の成果に満足

―断熱工事を施工されて成果はいかがですか?

当工場の屋根は夏の暑い時期になると板金が膨張して「ポンポン」と異常な音がしていたんです。それが今年は断熱・遮熱塗装を施工してもらったことで「音がしないね」と社員同士で話をしていたくらいなんですよ。

当社は精密機器製造という仕事柄、温度管理にはかなりデリケートなんです。それで工場の中は年中常に温度を23℃に設定しなければなりません。温度が1℃違うだけで1ミクロンのズレが出るんです。それほどまでにシビアな世界です。
そうしたことから、今までは屋根に散水栓(スプリンクラー)を設置したり、ヒートポンプ式のエアコンだけでは温度を維持できず電気式エアコンの両方を稼働させてガンガン冷やすということをやっていたんです。

ところが今年はスプリンクラーを回すこともまったくありませんでしたし、電気式エアコンも使用しませんでした。これにより、電気代と水道代の両方節約できたことになります。正直言って塗装とガラスコートでここまで成果が出るとは想像していませんでした。

また、今回の工事を通じて節約できたことももちろん大きな成果ですが、環境にやさしい、エコに熱心な企業というイメージを多少なりとも高められたことも大きなメリットだったように思います。エコロンさんには感謝しています。

―今回は取材協力まことにありがとうございました。

株式会社寿精密鹿児島工場
鹿児島県薩摩郡さつま町時吉1975-18
TEL: 0996-52-1800
FAX: 0996-52-1883
同社のホームページ
http://www.koto-buki.co.jp/

お問い合わせ フリーダイヤル 0120-272-158 FAX:099-243-3702
メールによるお問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • 採用情報
  • 塗装・防水事業部のブログ
  • 危ない!紫外線の恐怖
  • リンク集
  • お問い合わせ
  • 当社はecoビジネス倶楽部が認定するマイスター資格者取得企業です。
  • 給排水衛生工事、空調工事、浄化槽工事、省エネ塗装(断熱、遮熱)、省エネガラス塗装、防汚コート、塗装工事、防水工事、災害用品取扱いなど水と空気の環境創造企業 株式会社エコロン
    創業昭和47年,創立昭和52年
    鹿児島市吉野町11076-17
    TEL:099-243-5400
    FAX:099-243-3702
    営業時間:AM8:00〜17:00
    定休:日曜・祝日、第2・4・5土曜日
    お問い合わせはこちらへ
  • 株式会社エコロン
    エコロンのホームページはリンクフリーです。リンクされる方はこのバナーをご使用下さい。